本日と明日の二日間は黒木三線税込み価格15万円限定6本でご案内します。
軽いが高品質でとのご要望にお応えすべく棹は細身で黒木材を選定しました。
奏でる音の心臓部は太鼓だと考えております。
この材は万能材ですのであらゆる太鼓の性能を表現出来ます。
太鼓は表と裏のバランスが大切です。
ヘビ皮一枚で(当店の場合3,5㍍~4㍍)10枚以上裁断し最高位を1番として2番3番と順次格付けします。
シャープとパワーを兼ね備えたのが1番皮で、10番は皮厚が薄くソフトな音が演出できます。
この棹へのオススメは3番皮ですが、音は個々人の好みがあります。
今回は1番皮から選んでいただけます。(画像は3番皮)
因みに当店の1番皮は太鼓だけで20万円以上でご案内しており50万円以上の三線に装着している一品です。